八戸市の有名な観光スポットと定番みやげ・名物グルメのお勧め情報

青森

八戸市の観光情報サイト

『八戸観光Navi』

八戸観光Navi | 八戸市観光情報サイト

 

八戸市の有名な観光地・観光スポット

八戸市内の見どころは、レンタカーで周るのがオススメだそうです。

朝市散歩(陸奥湊駅前朝市)

八戸の台所「陸奥湊駅前朝市」 | 八戸市観光情報サイト

朝市で買ったお刺身やお惣菜とご飯・味噌汁を組み合わせて、贅沢なオリジナル「朝市ごはん」をいただくことができます。

横丁散歩

昭和薫る横丁 | 八戸市観光情報サイト

コチラはお酒を飲める店もたくさんあるとのことですよ♪

 

八戸ポータルミュージアム「はっち」

八戸ポータルミュージアム
青森県八戸市の地域観光交流施設、八戸ポータルミュージアム はっちの公式サイトです。

中心市街地と八戸市全体の活性化のために作られた、八戸の見どころを凝縮した施設。

お祭りの山車を縮小した展示スペースやものづくりスタジオなど、いろいろな八戸の魅力が楽しめるそうです。

 

国宝めぐり

青森県の国宝3つは、全て八戸市にあるそうです。「はっち」で予習をしてから見るのもおススメ。

櫛引八幡宮の「国宝館」

国宝館 | 櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)
青森県八戸市にある南部一之宮・櫛引八幡宮は、鎌倉時代以来の由緒ある神社で、国宝や重要文化財として保存されている建物や美術工芸品が数多く所蔵されています。国宝 赤糸威鎧、国宝 白糸威褄取鎧 、県重宝 舞楽面 陵王についてのご紹介です。

菊一文字の鎧として有名な鎌倉時代の甲冑「赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)」と、南北朝時代の甲冑「白糸威褄取鎧(しろいとおどしつまどりよろい)」の二つの国宝を見ることができます。

八戸市埋蔵文化財センターの「是川縄文館館」

是川縄文館 – 是川遺跡や風張1遺跡などを通して、 東北地方の優れた縄文文化を発信する施設・機関です。

国宝「合掌土偶」の見学ができます。

掌を合わせているかのようなポーズが独特の存在感を醸し出しています。

 

八戸市の定番みやげ

職員さんによると、定番はやはり海のものを使ったのものですね!とのことでした。

八食センターという大きな市場があり、そこへ行けば色々揃っていますよ~とアドバイスいただきました!

The市場!八食センター 八食センター
青森県八戸市の市場、八食センターのホームページ。店舗情報・営業日情報・イベント情報など。その他、レシピなども掲載。

さば水煮

http://www.hko.co.jp/for_consumer_use/2126.html

八戸付近の海は水温が低く魚が体内に脂肪を蓄えやすくなるため、脂のりの良い美味しいサバがたくさん獲れます

そのサバと食塩のみで作られた、シンプルな水煮缶が美味しい!アレンジレシピも多岐にわたり、お料理好きの方にもおすすめのお土産です。

珍味「なかよし」

チーズといかのハーモニー「なかよし」
いかの香ばしさとチーズの風味が見事に調和した逸品です。お土産やギフトとしても大変喜ばれております。

八戸は珍味も美味しい。チーズとイカの絶妙なハーモニーが人気♪

いかすみカスター

青森銘菓いか墨カスター 10コ入【株式会社 創季屋】 - はちのへ特産品カタログ
八戸の新鮮な魚介類を利用した加工品から八戸の郷土料理の商品まで、八戸の豊富な商品情報がまとめて見られるバイヤー様向け商品情報提供サイトです。

いかすみが入ったカステラ生地の中に、青りんごジャムとカスタードクリームが入ったお菓子。

見た目がかなり個性的な(^^)人気のお土産です!

 

八戸市の名物グルメ

八戸せんべい汁

八戸せんべい汁―青森の郷土料理、とってもユニークなご当地煎餅に挑戦!
煎餅は日本ではとてもポピュラーな食べ物で、米を原料としています。主にはお菓子として食べられていることが多いのですが、それ以外にも、日本にはそれぞれの地域に根付くご当地煎餅があり、その一つ一つがとても個性的です。今回ご紹介する「八戸せんべい汁」は、米ではなく小麦粉が主原料であり、お菓子ではなく食事としてその地域で古くから...

鶏や野菜でダシを取った醤油ベースの鍋の中に、南部せんべいを割って入れる青森の郷土料理。

だしのうま味がしみこんだせんべいは独特の食感。栄養満点で、体の芯からほっこり温まる優しい味わいが人気です。

八戸せんべい汁研究所
飲食店をはじめ、八戸せんべい汁に関するウンチク、八戸地方の南部せんべい文化など、地元の人も知らないせんべい汁情報が満載。

こんなサイトもあります♪

青森北海道・東北地方
日本全国定番みやげ&名物グルメ

コメント