小樽市の有名な観光スポットと定番みやげ・名物グルメのお勧め情報

北海道

小樽市の観光情報サイト

『おたるぽーたる』

小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
ようこそ北海道小樽へ!イベント情報や散策モデルコース、便利な観光ガイドマップなど、旅行に役立つ情報をまとめて発信中!グルメにショッピング、制作体験など小樽の人気観光スポットの情報も!

 

小樽市の有名な観光地・観光スポット

小樽運河

小樽市 :小樽運河
小樽市

定番中の定番、小樽観光の人気スポットです。
夕暮れ時には63基のガス燈がともり、ロマンチックな雰囲気をかもし出します。

小樽運河食堂 | comsen

周囲には倉庫を改築したレトロなレストランなども多く、外国人観光客からも人気のスポットです。

 

祝津エリア

小樽の夏の人気スポット!岬であり景色が大変良く、レンタカーで周るのがおススメだそうです。

おたる水族館

おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

実際に小樽近郊の海を訪れる海獣たちから、生きたホッケや紅サケなどの身近な魚まで多種多様の海洋生物が飼育されています。

 

祝津パノラマ展望台

小樽市 :祝津パノラマ展望台
小樽市

おたる水族館から徒歩で10分程度。

小樽の海を一望でき、大海原と夕日の美しいコントラストを楽しむこともできます。

岩場にはなんと野生のトドが訪れることもあるそうです!

 

遊覧船(海上観光船)クルーズ

小樽海上観光船 海から始まる小樽旅物語 | 小樽観光振興公社
小樽海上観光船「あおばと」/小樽港内遊覧屋形船「かいよう」/観光駐車場/レンタルサイクルのご利用案内について

小樽運河の近く「小樽港第3埠頭」を出発して、祝津エリアへ向かう周遊船(別ルートもあり)。小樽の海を身近に感じることができます。
周遊船の終点「祝津港」はおたる水族館へも徒歩圏内。
オタモイ海岸を周遊して自然を感じながら目的地へ向かう便(60~90分程度)もあり、スケジュールに合わせてコースを選ぶこともできます。

 

青の洞窟

北海道 青の洞窟|積丹・小樽・函館のマリンスポット - たびらい北海道 アクティビティ
北海道の青の洞窟へのアクセスや、シーカヤック・ボートクルーズ・シュノーケリングについての情報が満載。青の洞窟のアクティビティ予約やプランの比較は、たびらい北海道(アクティビティ)で!

春~秋のおススメスポット。

小樽駅から車で35分ほど。車がなくても、小樽駅からのツアーもあります♪

北海道小樽 青の洞窟 グラスボートで行く秘境探検 青の洞窟ツアー | 小樽グラスボート
小樽 青の洞窟ツアーで唯一のグラスボートで行く秘境クルーズ!乗船中海の中を覗いてみてください。

各種ツアーがありますが、ボートクルーズはスウェットスーツを着なくても青の洞窟に行くことができるため、気軽に見に行く感覚で洞窟観光を楽しめるのもうれしい。

 

小樽市の定番みやげ

ルタオのドゥーブルフロマージュケーキ

ドゥーブルフロマージュ/ケーキ : チーズケーキの通販、お取り寄せならLeTAO | 小樽洋菓子舗ルタオ
ルタオ スイーツのお取り寄せ、通販サイト。ケーキやチョコレート、ギフト好適品なども取り扱っています。

焼いて固めるベークドチーズケーキと冷やして固めるレアチーズムースの絶妙な2層仕上げのチーズケーキ。

チョコレート作りを原点とする『ルタオ』の、口どけに対するこだわりが込められた人気お土産です。

 

ガラス製品

北一硝子
北海道小樽で手作り硝子の製造、販売を行う北一硝子の公式サイトです

『小樽ガラス』は、明治期の石油ランプ製造から続いている繊細で華麗な工芸品。

「北一硝子」が有名。アートものから実用品まで幅広い種類があり、お土産や自分用に選ぶのも楽しい♪

 

小樽市の名物グルメ

小樽といえばお寿司、海の幸♪

ですが、、、職員さんかはそれだけにとどまらず、老舗の絶品グルメやB級グルメなど、バリエーション豊かな名物を紹介してくださいました!

「なると」のザンギ

小樽なると屋朝里本店
若鶏半身揚げの「小樽 なると屋 朝里店」ホームページです。創業時代から変わらぬ伝統の味を提供しております。店舗案内他、通信販売も行っております。

老舗「若鳥時代なると」の、秘伝のタレに漬け込んで揚げた鶏の唐揚げ。ボリューム満点の「若鶏半身揚げ」定食がおすすめ!テイクアウトもできます。

 

あんかけ焼そば

小樽に行ったら食べたい、B級グルメ「小樽あんかけ焼きそば」8選
名優「石原裕次郎」も愛した北海道・小樽。その風情のある運河の街で、町おこしの一端を担っているのが海の幸をたっぷりとつかった小樽市民のソウルフード「あんかけ焼きそば」なんです。今回は、そんな小樽のイチオシのB級グルメ「あんかけ焼きそば」をご紹介します。

B-1グランプリにも出展している小樽のソウルフード!市内100店以上のお店で食べられます。

 

「あまとう」のクリームぜんざい

http://otaru-amato.com/

小樽の老舗洋菓子・喫茶店「あまとう」で、3人に1人は注文するというロングセラースイーツ!
生クリームたっぷりのアイスに、十勝産小豆・米粉を使った求肥餅の絶妙な味わいが最高です。

焼き菓子「ばんじゅう」

ぱんじゅうの桑田屋(北海道小樽市)
ぱんじゅうとは、明治時代から小樽市民に親しまれてきた庶民の美味しさです。ぱんじゅうは北海道小樽市の桑田屋へ

こんがり焼き目に甘香ばしい香りがたまらない、小樽の伝統和菓子。

小樽といえば「ばんじゅう」だそうです♪

 

小樽のしゃこ

小樽のでっかい秋しゃこを食べよう!「小樽しゃこ祭」 | 北海道Likers
しゃこは、全国で食べられているので、北海道ならでは…というものではありませんが、小樽の秋しゃこは、ちょいと違います。まず、でかい!そして、道内で秋しゃこが食べられるのは、小樽だけ!

小樽のしゃこは、大きさ日本一!旬は春のメス、秋のオス。寿司にはオス、酒の肴にはメス。北海道内で秋しゃこが食べられるのは、小樽だけだそうです。

小樽しゃこ祭り|大きさとコクが自慢の「秋しゃこ」を味わって
小樽市は天然の良港である小樽港があり、海の幸が豊富なまち。有名な秋の味覚のひとつが「しゃこ」。高級寿司ネタとしてお馴染みですが、小樽のしゃこは特に大ぶりでコクがあると人気です。

秋には「小樽しゃこ祭り」が開催されます。特大しゃこは迫力満点!

 

小樽のにしん

にしん小樽漬 | 小樽チャンネル
かつてニシン漁で栄えた小樽。 近年、そのニシンが小樽に戻りつつあります。 そのニシンを使って、小樽ブランド商品を作ろうと開発したのが「にしん小樽漬」です。 「にしん小樽漬」は基本ルールのもと、現在株式会社小樽かね丁鍛冶、堀内水産株式会社、株式会社飯坂富士商店、株式会社小樽海洋水産の4社が商品を発売してます。

にしんは別名「春告魚」。油がのって身もぎっしり。新鮮なままの塩焼きが最高です。

にしん小樽漬~小樽商工会議所お薦めのお土産です~
小樽といえば海の幸にしん。 明治時代、にしん漁に沸きたち、にしんによって栄えた街、小樽。そんな小樽の街からうまれた新しい試みにしん小樽漬。独特な旨味を持つにしんの味を十分に引き出した味が誕生しました。小樽の古くて新しい、にしんを活かした味をぜひご賞味ください。

「にしん小樽漬」はお土産にも人気。

小樽貴賓館|北海道小樽市の観光名所
北海道小樽市の観光名所、小樽貴賓館です。国の登録有形文化財である旧青山別邸や庭園を見ながらのレストランがあります。小樽の観光にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

「にしん御殿」と呼ばれている観光名所もあります。

 

小樽豆知識

お話をうかがった職員さんが教えてくれた、小樽おススメ情報です!

美園アイスクリーム本舗

アイスクリームパーラー美園 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
ようこそ北海道小樽へ!イベント情報や散策モデルコース、便利な観光ガイドマップなど、旅行に役立つ情報をまとめて発信中!グルメにショッピング、制作体験など小樽の人気観光スポットの情報も!

都通りにある「美園アイスクリーム本舗」は、小樽が商業港として活気に溢れていた大正8年に北海道で初めてアイスクリームの製造・販売を始めたお店。

レトロな雰囲気が素敵です。

老舗のお餅屋さん

小樽にはなぜ餅屋が多い?老舗の餅屋「雷除志ん古」を訪ねて | 北海道Likers
小樽には昔ながらのお餅屋が数多くあります。なぜでしょうか。その理由とルーツを探りに、小樽市総合博物館と小樽の老舗餅屋「雷除志ん古(かみなりよけしんこ)」を訪ねてみました。小樽にはなぜ餅屋が多い?小樽のお餅のルーツを探るには、小樽の街の...
小樽には老舗のお餅屋が多いそうです。大正時代から昭和初期ごろ、小樽運河では肉体労働を行う港湾労働者が多く集まるようになりました。持ち運びしやすくエネルギーにもなり、安くて腹持ちの良い「お餅」が重宝されたことが、その理由の一つです。

小樽駅4番ホーム

小樽の観光スポット-小樽駅の裕次郎ホーム | 小樽チャンネル
小樽駅の駅舎側の4番ホームを「裕次郎ホーム」と呼ぶそうです。1978年5月15日、このホームで石原裕次郎がNHK「北紀行」という番組のロケを4番ホーム(当時は1番ホームと呼んでいた)で行ったことがあることから命名されました。実際に命名されたのは2003年6月17日の小樽駅開業100周年記念事業のときだそうです。

小樽駅の一番舎よりの4番ホームは、2003年に小樽駅開業100周年を記念して「裕次郎ホーム」と命名されました。

小樽 石原裕次郎記念館[yujiro-kinenkan.com]

小樽を第二の故郷と思いを寄せていた石原裕次郎さん。小樽港マリーナの横には石原裕次郎記念館もあります。

北海道
日本全国定番みやげ&名物グルメ

コメント